このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は、 「高度な検査技術で信頼性の高い検査結果」及び「お客様から信頼される高品質なサービス」 を迅速に提供します。

                                    【一般社団法人埼玉県食品衛生協会検査センター 基本理念 より】

 

 

 

 

 

《 試験検査  飲料水》

水道水 井戸水 チェック項目 水質検査項目 定期的な検査

 水道水

検査結果は、営業者皆様の積極的な衛生管理の証です。お客様にお示しし、安全・安心で信頼できるお店をアピールしましょう。
水道水は浄水場で水を浄化し、かつ絶えず安全性を維持するために検査を行い、地方自治体等が責任をもって飲用に適した水を我々の家庭や店舗に給水してくれています。
しかし、住居環境によっては、その「水」は「水道水」と法規上いわない場合があります。つまり、受水槽に入水する水は水道水であっても、受水槽に落ちた水の以後、 各室に供給される水は非水道水であり、この水質の管理は建物等の所有者の責任になってきます。
受水槽の清掃が定期的に行われているか確認してみてください。

 井戸水

検査結果は、営業者皆様の積極的な衛生管理の証です。お客様にお示しし、安全・安心で信頼できるお店をアピールしましょう。
井戸水は自然の恵みであり、昔はどの家庭でも飲用水に利用していました。
しかし、現在では自然のまま井戸水を飲料水として使用できるところはかなり限定されています。
家庭用の井戸水は、浅井戸なので周りの環境の影響を直接的に受け、不衛生になりやすいので注意が必要です。
井戸から10m以内にトイレや排水槽、下水があったら井戸水は汚染される可能性は高くなります。
このような環境にある井戸水は飲料水として使用するのは避けましょう。
また安心できる環境のもとでも以下のチェックを毎日使用前に行い、煮沸してから飲み水や調理用の水として使用してください。

水質検査を最低でも年2回は実施することをお勧めします。

1.濁りやゴミがないか?
2. いつもと違う味はしないか?
3.変な臭いはしないか?
4.井戸の周囲は清潔に保たれているか?

※ これら一つでも異常を感じたら使用を一時見合わせて、保健所に相談しましょう。

省略不可能項目( 11 項目 )+残留塩素の検査を行っています。検査の内容と基準は以下の通りです。

水質検査
検査項目 水質基準
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10 mg/l 以下
亜硝酸態窒素 0.04 mg/l 以下
塩化物イオン 200 mg/l 以下
有機物(全有機炭素:TOC) 3 mg/l 以下
一般細菌数 1 ml中に 100 個以下
大腸菌 検出されないこと
pH値 5.8 以上8.6 以下
臭気 異常でないこと
異常でないこと
色度 5 度以下
濁度 2 度以下

当センターは、水質検査を行っています。
定期的に年に2回以上、検査を行いましょう。
お気軽にお問い合わせ下さい。

PageTop