このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は、「高度な検査技術で信頼性の高い検査結果」及び「お客様から信頼される高品質なサービス」 を迅速に提供します。

                                    【一般社団法人埼玉県食品衛生協会検査センター 基本理念 より】

 

 

 

 

 

《 試験検査  便潜血検査 (検便)》

 

便潜血検査

この検査により、糞便中からピロリ菌の抗原を見つけます。

手数料:一 般 ¥1,610- (税・容器代込)

    協会員 特別料金

この検査は、糞便中に含まれる微量の血液の有無を調べる検査(免疫学的潜血反応)で、大腸がんを診察する検査のひとつとして活用されています。

これまでの検証により、便潜血検査によるスクリーニングは、大腸癌の死亡リスクを、その後18~20年の観察において、15~33%有意に低下させる効果が確認されています。大腸癌による死亡リスクは、1年に1回の検診では32%、2年に1回の検診では22%、それぞれ有意に低下しました。このように、大腸癌検診として便潜血の検診は、長期に渡る大腸癌の死亡リスクの低下に結び付く、という点での効果は確立されています。
(The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE September 19,2013より)


検便検査のため、体に負担がかかりません。また、検査が安価に行えますので是非、ご活用下さい。


PageTop