このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は、「高度な検査技術で信頼性の高い検査結果」及び「お客様から信頼される高品質なサービス」 を迅速に提供します。

                                    【一般社団法人埼玉県食品衛生協会検査センター 基本理念 より】

 

 

 

 

 

《 試験検査  ピロリ菌検査 (検便)》

ピロリ菌検査

この検査により、糞便中からピロリ菌の抗原を見つけます。

手数料:一 般 ¥4,150- (税・容器代込)

    協会員 ¥3,000- (税・容器代込)

 

ピロリ菌(Helicobacter pylori)とは?

従来、胃酸があるので胃内には細菌は生息できないと言われてきました。

しかし、ピロリ菌は1983年にオーストラリアのロイヤル・パース病院のウォーレンとマーシャルという2人の医師が胃の中に細菌を発見し、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)と命名されました。
らせん状の形をした細菌で、胃の粘膜に生息しています。
胃酸の中でも生息でき、最近は胃がん発生の危険因子として重要視されています。
ピロリ菌に感染するようになると、ピロリ菌の一部が便の中にも存在するようになります。
便中ピロリ菌抗原測定は、便中のピロリ菌を検出する方法です。検体採取は検便なので、容易に行うことができますので是非、ご活用下さい。


PageTop